表参道ポルクス整骨院

表参道ポルクス整骨院院長 東あつし

表参道ポルクス整骨院院長 東 篤志

当整骨院の名前である「Pollux(ポルクス)」は、ふたご座の中で最も明るい恒星の名前です。これは単に私がふたご座であることから名づけたというわけではありません。 この星の名前に、この整骨院が目指す理想を、そして、私がこの職業を続けるうえで、常に心掛けている理念を託したのです。 ポルクス整骨院の理想とは「美容」と「整骨」、「治療」と「フィットネス」、「西洋医学」と「東洋医学」という2つの異なる方法論のどちらかを選ぶのではなく、 その良いところを合わせ患者様の体にアプローチすることで、今までの整骨院とは一線を画す「本質的なケア」を行うということです。 では「本質的なケア」とは何でしょうか?それは痛みや不具合がなくなったら終わり、一時的に症状が改善したから終わりということではなく、 今後痛みや不具合が出なくなるような身体づくりをする、症状の原因を解消しその再発を防ぎより質の高い生活が出来るまでしっかりとケアすることだと考えます。

「マイナスからゼロ ゼロからプラスへ」

整骨院に患者様が通われる時には、体に何らかの悪い症状が起こっている状態―つまり「マイナス」の状態です。それを施術によってまずは異常のない「ゼロ」の状態に戻します。 「本質的なケア」では、さらにそこから「プラス」の状態―パフォーマンスが髙い体、不具合が起こりにくい体をつくることが目的です。 「マイナスからゼロ ゼロからプラスへ」―「治療」に加え「QOL(quality of life)の向上」「予防」という観点から診たケアを行うことこそ、 ポルクス整骨院の理想である「本質的なケア」なのです。そのためには患者様が受け身になる治療だけではいけません。 動的なトレーニングで運動機能を向上させたり、患者様の身体だけではなく心のケアも重要となってきます。 そして、もうひとつの理念とは「患者様に施術を通して真の健康と幸福感を提供する。」ということです。 私たちが施術をした患者様が「より人生を豊かに、より輝く」ようになっていただきたいと考えています。 同時に施術を通して、患者様それぞれの人生に貢献することは、整骨院という場所で働く私たちの生きがい、やりがいでもあります。 ポルクスという星の名前に負けないよう、患者様の人生を輝かせながら、ここで働く私たち自身も輝いていられるような、そんな空間を作り上げていきたいと思います。

表参道ポルクス メディア掲載情報

コンセプト

患者様の人生に寄り添った施術を

整骨院の役目は主に患者様の「痛みや辛さ」を取り除くことです。そのためには「痛みや辛さ」の原因をつきとめ、それを改善するための施術を行っていきます。 しかし、本当にそれだけで良いのでしょうか? 加齢や生活習慣からくる体の変調は、残念ながら1回施術をすればすぐに治るというものではありません。 患者様は「痛みや辛さ」と長く付き合っていかなければならない場合もあります。 施術の間に患者様の「心」が折れてしまっては何の意味もないのです。 だからこそ、ポルクス整骨院では、患者様が「痛みや辛さ」で何に困っているのか? を伺い、 患者様にとって今一番何が重要なのかを理解することで、患者様の生活そのものを良くできるような施術を心がけています。 例えば「腰痛」であれば、腰が痛いことで「仕事に支障をきたしている」事が真の問題なのか?、それとも「スポーツを楽しむことができない」事が真の問題なのか?、 それは患者様により様々です。 そのような患者様おひとりおひとりの生活背景を配慮した施術を行えば、患者様の精神的にも肉体的にも改善できるはずです。 心と体は密接につながっています。患者様の人生・生活に寄り添った施術を行うことは、その両方を良くすることができる本質的なケアと言えます。 ポルクス整骨院は「NBM (narrative based medicine)=物語と対話に基づく医療」を重視します。 医療行為には「EBM(evidence based medicine)=根拠に基づく医療」と「NBM(narrative based medicine)=物語と対話に基づく医療」があります。 EBMとは、数値やデータなどの科学的根拠に基づいた治療で、いわば西洋医学の根本をなすものと言えます。 このEBM的アプローチだけでは、必ずしも症状は改善せず、患者様満足度は満たされません。 数値的には改善されても、患者様自身は良くなったという実感がない、治療に満足していないというケースが多々あります。 対してNBMとは、患者様の物語-つまりどのような生活をして、どのような事に悩んでおられるのか、 今の生活をどのように改善していきたいのかなど心理的な面や社会的な面を含んだ全人的な捉え方で患者様と向き合っていくという考え方です。 整骨院は整形外科と違い、開院時間も長く患者様が通いやすいというメリットがあります。 また治療における「時間的制限」が少ないゆえに、患者様ひとりに割くことができる時間が長く、患者様と密にコミュニケーションが取れる環境にあります。 患者様と真摯に向き合い、じっくりと時間をかけて施術をすることができる。 それが患者様の症状を和らげ、満足していただくための最良の方法であり、 整骨院の価値であり役目であると考えています。 私たちが行う施術によって、患者様の人生が大きく変わってしまうかもしれません。 だからこそ、私たち施術者と患者様が、人と人とのつながりをしっかりと構築できるように、対話を重視した施術を行っていきたいと考えます。

表参道ポルクス整骨院コンセプト

表参道ポルクス整骨院内
会員登録
予約
交通事故
お客様の声
採用情報
採用情報
たまプラーザ ポルクス整骨院
トレーナー活動
メディア掲載情報