立春につき

こんにちは
ポルクス整骨院の西尾です。

今日は暖かいですね!
立春を迎え少しずつ
春の陽気を感じとれるように
なってきたのでしょうか。

 

先日コンビニやスーパーなどで
節分の豆やお面を多く見かけましが
みなさんは節分の意味
なぜ豆まきをするのか
ご存知ですか?
そもそも『節分』というのは
「季節を分ける」
ことを意味しており。

 

立春、立夏、立秋、立冬
の前日を指しますが
江戸時代以降に
立春(2月4日)の前日を
『節分』と指すことが多くなりした。

 

そして、冬から春に向かう季節など
季節の変わり目は体調を崩す方も多く
邪気(鬼)が生じるとされ

節分ではその邪気(鬼)を追い払う儀式として
豆まきがはじまりました。
豆まきの由来の1つとしては
平安時代に鞍馬山の鬼が
都を荒らしに来た際に
炒り大豆を鬼の目に投げつけたところ
鬼を退治できた。
という由来があります。

 

鬼の魔の目=魔目(まめ)
魔を滅する=魔滅(まめ)
豆を炒る=魔を射る
という考え方もあり

 

単純に行われていた豆まきにも
実はいろいろな理由があったのです。
ちなみに炒らずに生の豆をまくと
拾い忘れた豆から芽がでてきたりと
縁起が悪いので
注意しましょう!
日本の1つ1つの行事には
昔からしっかりとした意味があります。

それらの由来、意味などを理解し
楽しい行事を過ごして行きましょう。

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

【整体・マッサージ・美容鍼・パーソナルトレーニング・交通事故治療】