腱鞘炎・バネ指について

こんにちは!ポルクス整骨院です。

寒くなってくると姿勢が丸くなりますね。

気づいたら姿勢だけではなく

指も丸まって真っ直ぐ伸びない⁉︎

なんてこはないでしょうか?

今日は腱鞘炎・バネ指について

書いていきます。

 

●指の腱と腱鞘について

指を曲げるには腕から指先まで繋がっている筋肉が働きます。筋肉の端っこの方を腱と呼びます。指を曲げる時、筋肉から腱を通して曲げる力が伝わります。

指の腱はとても長くなっています。その腱が浮き上がったり、ズレないようにするために腱鞘という構造物があります。

ベルト(腱)とベルト通し(腱鞘)のようなイメージです。

●腱鞘炎&バネ指とは?

指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大します。腱の通過障害を起こすと一層症状が悪化します。指を伸ばそうとすると引っかかるが、力を強く入れれば引っかかりがはずれて伸びる症状を弾発指(バネ指)と呼びます。

簡単にまとめると、

「腱が炎症を起こして腫れて肥大し、腱鞘にひっかかってしまう」

腱鞘炎が悪化するとバネ指になっていく感じです。そうなる前の段階で処置をすれば治療期間は短くなります。

●どんな人に多い?

ホルモンバランスも関与すると言われ、更年期の女性、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。スマホの触りすぎも原因の1つになります。母指(親指)、環指に多い印象です。

お困りありましたらご相談下さい!

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057