体温と免疫力♪

こんにちは、ポルクス整骨院ヤスダです。

ますます寒さが

厳しくなってきましたね!

今日は体温について考えます。
体温のメカニズムや
冷え対策をフル活用して
寒さに負けないように冬を楽しみましょう♪

●平均体温37度⁉︎

脳や体の中心部は約37度前後だそうです。
なんとなく、37度あったら発熱してるように思われる方が多いのではないでしょうか?

昔の水銀体温計は、37℃のところが赤い字になっていたので、そんな間違った常識ができてしまったようです。

37℃は発熱の時もあるし、発熱でない時もあります。 そして37℃は日本人の平均的な平熱の範囲なので、むしろ発熱でないことのほうが多いです。
●なぜ平均体温が37度?

体内で起こっている代謝は大部分は酵素を使って行われていますが、その最適な環境を作る温度が37度前後のようです。

●時間での変動

朝起きたときは体温は低め、
食事後や体を動かした際は上昇、
約1度程度の変動です。

●国別での差

日本人の平均体温は、
約36.20度、欧米人は37度と違っています。欧米人は体温調節機能が高いようです。
それと筋肉量が多いため代謝が高い人が多いようです。

●年齢別平均体温

乳幼児 37度
10~50歳 36.1~37度
65歳以上 35度〜

●体温は健康を計るバロメーター

多くの場合、発熱は病気とされていますが、逆に低体温もとても怖いものです。
低体温は体温調節機能が十分に働いていないことになります。
●がん細胞と体温

体温が35度の時に最も増殖し、
39度以上になると死滅します。

低体温は血液の流れが悪くなっています。
血液の流れの中に免疫機能を持つ白血球があります。その白血球が体の中をめぐることで、体の中の異物をパトロールしています。

なので体温が下がることで免疫機能が低下します。反対に1度体温があがると30〜40%の免疫が上昇すると言われています。

お困りありましたらお気軽にご連絡下さい!

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

大掃除について!

こんにちは。ポルクス整骨院ヤスダです。

年末のメインイベントのクリスマスが終わると、次は楽しいお正月がやってきますね♪

でもその前に、一つやらなければならないことがあります。

大掃除ですね。

きちんと計画表を作って早めに始めたり、掃除のコツがわかっている人はチェックリストにしたがってテキパキ終わらせたりします。

でも、掃除が苦手というか…ハッキリ言って嫌いな私などは、「今年はサボろうかな…」などと考えたりします。

そもそも、大掃除はいつ頃からするようになったんだろうという疑問もおこりますね。

 

そこで今日は大掃除について調べてみました。

大掃除の歴史は、平安時代までさかのぼれます。

そして「煤払い(すすはらい)」という宮中行事が現代の「大掃除」の原形だったようです。

これは実際に汚れを落としてきれいにするとともに、信仰的な意味合いの強いものだったようです。

大掃除には「一年のすす(汚れ)を払って、新しい年の神様をお迎えする」という意味があります。

「はらい」や「みそぎ」に通じるものがある、大事な行ないなんですね。

やるなら覚悟をきめて、しっかりと掃除しましょう♪

身体が硬くなってるとケガに繋がるのはスポーツでも大掃除でも同じです。準備体操をしてギックリ腰などに用心して下さい!

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

【整体・マッサージ・美容鍼・パーソナルトレーニング・交通事故治療】

 

12月キャンペーン

こんにちは

毎日毎日寒い日が続いていますが、皆様体調はお変わりないでしょうか?

寒さが厳しくなると、身体も強張っていつもより疲れがたまりやすい・・・。疲れがたまりやすいから風邪を引きやすくなる・・・。

今の時期は特に寒さにまだ慣れていない事もあって、辛さが特に感じやすい時期です。

ポルクス整骨院では

☆17日までご来院の方に☆

年末年始のクーポンチケットをお配りしています!

年末、年始に使える3回分の特典がついているお得なクーポンです!

この機会に一年の疲れを一掃!

いい一年のスタートダッシュを始めましょう!

ご来院お待ちしております!

 

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

【整体・マッサージ・美容鍼・パーソナルトレーニング・交通事故治療】

腱鞘炎・バネ指について

こんにちは!ポルクス整骨院です。

寒くなってくると姿勢が丸くなりますね。

気づいたら姿勢だけではなく

指も丸まって真っ直ぐ伸びない⁉︎

なんてこはないでしょうか?

今日は腱鞘炎・バネ指について

書いていきます。

 

●指の腱と腱鞘について

指を曲げるには腕から指先まで繋がっている筋肉が働きます。筋肉の端っこの方を腱と呼びます。指を曲げる時、筋肉から腱を通して曲げる力が伝わります。

指の腱はとても長くなっています。その腱が浮き上がったり、ズレないようにするために腱鞘という構造物があります。

ベルト(腱)とベルト通し(腱鞘)のようなイメージです。

●腱鞘炎&バネ指とは?

指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大します。腱の通過障害を起こすと一層症状が悪化します。指を伸ばそうとすると引っかかるが、力を強く入れれば引っかかりがはずれて伸びる症状を弾発指(バネ指)と呼びます。

簡単にまとめると、

「腱が炎症を起こして腫れて肥大し、腱鞘にひっかかってしまう」

腱鞘炎が悪化するとバネ指になっていく感じです。そうなる前の段階で処置をすれば治療期間は短くなります。

●どんな人に多い?

ホルモンバランスも関与すると言われ、更年期の女性、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。スマホの触りすぎも原因の1つになります。母指(親指)、環指に多い印象です。

お困りありましたらご相談下さい!

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

 

足裏トレーニング!

こんにちはポルクス整骨院ヤスダです。

今日は足裏・ふくらはぎが疲れやすい方へ。
足裏についてお伝えしていきたいと思います!

 

●そもそも脚全体が疲れやすいのはなぜか?

上半身を支える骨盤、脚はさらに骨盤を支えています。すなわち土台の土台の役割をしています。大きな負担が掛かるため、身体の筋力の60%以上が脚にあります。

 
●足裏のアーチとは?

いわゆるクッションの役目をします。靴のソールと同じですね。

地面を直接捉えている足の裏はとても大切です。歩き方、足のつき方一つで足だけでなく、腰痛の原因にもなってしまいます。

アーチ自体は骨と靭帯で構成されていますが、それらをバランスよく支えているのは筋肉になります。

IMG_2764
アーチは3つのラインで構成されていて、それぞれが機能することでドーム状の形を維持できます。

 
●扁平足とアーチの関係

筋肉が疲労したり弱くなればアーチが維持できず下がってしまい、いわゆる扁平足になります。

 

足裏には足指と足裏のアーチが連動する構造があります。

指の曲げる側の筋肉(屈筋)が弱くなると相対的に指は指を反らす側の筋肉(伸筋)に引っ張られやすくなります。

指が反ってしまうとアーチが引っ張られて緊張感が増し、本来のクッション性が低下します。

 

●足裏のアーチを回復するには?

筋力が弱くなってしまう原因の1つは、指を動かしていないことが考えられます。
最近の道路はしっかり舗装されているため、足や指に力を入れなくても歩けますね。

力を入れずに歩けるということは、足裏(指)の曲げるための筋力を使っていない状態です。そうなると筋力が弱り、動かしてない関節は硬くなります。
なので足の指で地面を捉えて蹴りあげるように歩くことが必要になります。

 

●オススメのトレーニング

IMG_2763

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞紙丸め

文字通りです。笑

 

簡単ですがポイントを意識することで効果が違ってきます。

ポイントは、
①一回一回、足指を開いて、また曲げる
②指だけ動かすのではなく、つけ根である中足部(足の甲)から巻き込むように曲げること

簡単なトレーニングですが新聞紙は大きいため意外と疲れます。。画像は新聞紙ではありませんが、柔らかさ的には新聞の方が良いです。

新聞が野球ボール位に丸められたら完璧です。
足裏・ふくらはぎが硬い方は足がつってしまうことがあるため、無理はせず行ってみて下さい♪

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

見逃しがちな子供の成長痛

こんにちは、ポルクス整骨院ヤスダです。

今日も子供の身体についてお伝えしていきたいと思います。

見逃しがちNO1成長痛について。
お子さんが小学生位になってくると、膝が痛い、足首が痛いと、訴えてくることがあります。

触ってみると筋肉が硬くなっているので、ただの筋肉痛?と放置してしまいがちですが、それがいわゆる「成長痛」と言われる症状です。

成長痛とは、骨が伸びるスピードに筋肉の発達が追いつかず、筋肉が引っ張られる際に発生する痛みのことです。特に足や膝に多く見られます。

筋肉が骨を引っ張っているような症状ですので、放置せずにマッサージや柔軟を高めるようなストレッチを行うことが必要です。

筋肉が突っ張った状態で運動を無理して続けていると、足のクッションが効かないために腰を痛めてしまったり骨盤のバランスが歪んでしまうことがあります。

私も小学生の頃はよく夜中に足首あたりが痛み、じっと我慢していました。ちなみに湿布だけでは筋肉は柔軟にはなりませんでした…

早いうちから体幹を使うことや、ストレッチをすることを身につけるべきと思います!

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

 

 

子供の筋トレはOK?

こんにちは、ポルクス整骨院ヤスダです。

 

今日も引き続き子供の体について考えていきます。

前回は子供にとって大切なのは体幹をしっかり鍛えることが大切とお伝えしました。しかし、

「筋トレをすると身長が伸びなくなるのでは⁉︎」
と、疑問に思われることもありますね。

 

以前はそう言われていましたが、、

 

現在は適度に運動や筋トレをすることで成長ホルモンの分泌が促進され、むしろ身長が伸びやすくなると言うことが科学的に証明されています。

もちろん過度のスポーツや特定の部位ばかりを鍛えると言うのはバランスが悪くなりやすいため避けるべきでしょう。

小学校の高学年位になりますと、骨格も整ってきますので、その頃を目安に適度な筋トレをする事は体の成長に役立ちます。

子供のうちから体幹の筋肉をしっかりと使うと言うことを体に記憶させることが大切です。
そうすることでその後の体の使い方が上手になり、スポーツでの怪我を未然に防ぐことにつながります♪

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

子供の身体が硬い原因は?

こんにちは、ポルクス整骨院ヤスダです。

今日は子供の成長と骨格について考えます。
最近は身体が硬い子供が多くなっているようです。

肩こりや腰痛で来院される小中学生も珍しくない印象です。
和式トイレが減って、雑巾がけの習慣や舗装されていない場所で遊ぶ機会も少なくなった現代。体の動かし方のバリエーションが減ったため体が硬くなり、さらに骨盤バランスが崩れやすい状況にある可能性もあります。

 

例えば、

①しゃがむことができない(倒れてしまう)
②体が硬くて前屈をしても体が床につかない
③家の中で座っている時間が多い

などがあると骨盤を支えるための体幹の筋肉が弱ったり、股関節や膝・足首の関節が硬くなってうまく立っているバランスが保てなくなります。

 

子供の骨はしっかりと固定されているわけではありません。しっかりと骨が完成していくのは17〜20歳前後。それまでに骨盤が歪んだまま成長すると体感が安定しないだけではなくて、筋肉のバランスが乱れて体に硬さが生じやすくなるため、柔軟性も低下しがちです。

 

ジャンプをしたり、しゃがんだり、寝転んだり、バランスをとるような遊びをしていくと自然と体幹の筋力は鍛えられていき、運動神経も発達していきます。

 

天気の良い日は外で元気にいろいろな遊びを楽しむことが大切ですね♪

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

 

顎関節症について

今日は顎関節症について考えます。
顎関節症は歯医者さんで治療すると言うイメージがあります。しかし、歯医者さんに噛み合わせを見ていただく前に直さなくてはいけないところがあります。

顎関節症とは、左右の顎の関節のバランスが悪くなった状態をいいます。顎の関節には軟骨があり、バランスが悪くなった状態で使っていると、軟骨がすり減っていきます。状態が悪くなっていくと骨と骨頭がぶつかるようなコリコリした音やジャリジャリした音がします。

原因として歯ぎしりが有名ですが、実は頚椎の歪みも原因になっていることが多いです。

頸椎に歪みが出ていると頭がどちらかに傾いてしまいます。

その状態で日常生活を送っていると、歪みによる負担が積み重なっていき、左右の筋肉のバランスが悪くなり、顎の関節を抑えている筋肉も硬くなっていきます。

マウスピース等は歯ぎしりを防いでくれますが、顎や頸椎の歪みを直してはくれはしません。

歯医者さんでの治療でよくならない場合、口の中だけではなく、体全体を見ていく必要があります。

お困りありましたらご相談下さい♪

 

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

インフルエンザ

こんにちは!ポルクス整骨院の青木です!

最近は、風が強くて寒い日が多いですね~🍂

そろそろインフルエンザが流行り始める季節ですね。

ワクチンが不足してるみたいなので早めに受けておきたいですね!

風邪ひいている人も増えてきているので、身体を冷やさないように心がけましょう♪

 

表参道でマッサージなら ポルクス整骨院

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F
TEL:03-6455-4057

【整体・マッサージ・美容鍼・パーソナルトレーニング・交通事故治療】